エンディングノートで「愛」を叫ぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS あとになって気づいた「贈り物」の大きさ

<<   作成日時 : 2007/03/01 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

娘から天国の母へ

お母さん、あなたが一緒にいてくれてよかった。

なぜなら女手一つで育てあげた4人の子だけでなく、

孫や曾孫にまでも、あなたの信条であった「家族の絆」の大切さを、

あなたの行動をもって示してくれました。

90歳の誕生日を迎えた2月、

雪の舞う早朝に兄夫婦に看取られて星の国に旅立ちました。

苦労の顔も見せずに、子供達には人並み以上の教育の機会を与え、

「努力と感謝の心」「最善を尽くすことで失うものは無い」という事を

言葉よりも姿、行動で語ってくれましたね。

おかげで、「絆」の意味や大切さがみんなに強く浸透し、

今でも心に残っているのです。

このような大きな「贈り物」に今頃気がつきました。

お母さん、ありがとう。

                          (56歳 舞鶴市在住)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あとになって気づいた「贈り物」の大きさ エンディングノートで「愛」を叫ぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる