エンディングノートで「愛」を叫ぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 命あるかぎり

<<   作成日時 : 2007/05/01 15:25  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夫から妻へ

私にはお袋がいて、親父がいて、子供たちがいて、

愛しい者たちに支えられて生きてきた人生だったけど、

私の人生で一番長い間ともに生きたのがお前だったな。

俺の両親と暮らしたために、外国旅行にも連れていってやれなかったし、

俺に代わって両親の介護ばかりで悪かったな。

心から感謝している。

家族がみないなくなって、これから女房孝行をしようと思っている。

命のあるかぎり・・・。

                   (78歳 神戸市在住)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
命あるかぎり エンディングノートで「愛」を叫ぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる